セイゴオちゃんねる

« News 激動する世界と宗教―私たちの現在地―に出演(全3回) | メイン | News 紀伊国屋ホールで『擬』出版記念講演会開催(追記あり) »

2017年9月19日

Publishing 新刊書下ろし『擬(もどき)』9月20日発売!


セイゴオのひさびさの書下ろしにして、ちょっと風変わりな新刊、『擬―「世」あるいは別様の可能性』が9月20日に刊行。

ちぐはぐやあべこべ、模倣や真似やフェイク、つじつまのあわないこと、公認されない仮説、はかなさやおぼつかなさ・・・。世界や社会の残念な事態や現象に目を注ぎ、心を寄せ、肩をもってきたセイゴオがついに明かす、「世」なるものの正体とは。

普遍性やグローバリズムはそんなによいことなのか。首尾一貫性や説明責任がそんなに大事なのか。「世」はマネジメントのためにあるのではない、イメージメントのことこそもっと語りたい。「言いおほせて何かある」の「何か」や、「きのふの空のありどころ」の「ありか」のことこそ交わしたい。世界と世間を覆う制度やルールの度し難い仕組みや価値観を鋭く暴きつつ、「擬」の意外な効用と「別様の可能性」を全力で浮かび上がらせる、ユニークかつ渾身の書です。

――ぼくが考えている「擬」という考え方は、ボードリヤールのシミュラークルではないし、従来にシステムに代わるアナザーシステムでもない。本物があって偽物があるのではなく、「ほんと」と「つもり」がまじった状態でしか世界や世間は捉えられないという見方だ。――(本書より)

擬もどき1.jpg

『擬―「世」あるいは別様の可能性』
春秋社 2017年9月20日刊行
1900円+税

投稿者 staff : 2017年9月19日 11:22