セイゴオちゃんねる

« 2014年3月 | メイン | 2014年5月 »

2014年4月17日

Diary セイゴオと山崎晴美のディープなトーク


 4月11日(金)の夜、新宿歌舞伎町ロフトプラスワン「山崎春美・こむらがえる夜」にセイゴオが出演しました。伝説的パンクロッカーであり、エディターでもある山崎さんが、工作舎時代にセイゴオが主宰した遊塾の生徒だったことから、実現した企画です。司会は同じく遊塾生だった工作舎の石原剛一郎さん。

 第一部では、70年代のメディアシーンを軸に、『遊』創刊の裏話や、伝説の音楽評論家である間章や阿木譲との交流が交わされ、スクリーンでは遊塾の「入試問題」や、山崎春美のケッサク履歴書など貴重な資料も披露。二人の異形な編集力には改めて関係者もびっくり。インターバルを挟み、第二部ではEp4の佐藤薫さんと岡山ペパーランドの能勢伊勢雄さんも加わり、さらに『遊』とパンク文化の接点などが明かされました。とりわけ、山崎さん・能勢さんも参加した「遊」別巻『は組』『ち組』『へ組』のきわどい編集現場の話題でおおいにもりあがり、佐藤さんは「遊」をめぐる場には「いっさいの予定調和がなかった」と、山崎さんは「あのころ日本で唯一コーフンできる場だった」とふりかえりました。

 質疑応答では、「当時の生とタナトスの衝動性を今後どこに求めればよいのか」という来場者からの質問に対して、「それを取りにいこうとする限り、その行方や消息が近づいてくる。その行為自体がまた音楽やアートになっていくのだから心配はない」とセイゴオが答える一幕も。

 今年1月、暴走古希宣言をしたセイゴオの今も変わらぬアングラへの愛情がかいまみえる一夜となりました。


投稿者 staff : 21:25 | コメント (0)

2014年4月14日

News 奈良から世界へ―河瀬直美さんと対談(追記あり)

 このトークはすでに定員を超える申し込みとなり、キャンセル待ちとなっています。

 4月18日(金)の13:30から国際文化会館(六本木)で、セイゴオが映画監督の河瀬直美さんと、奈良の歴史文化と未来をめぐって公開トークを行います。
 河瀬さんは生まれ育った奈良で撮った『萌の朱雀』や『殯の森』が海外で高く評価されているほか、奈良の魅力を世界に発信するプロジェクトとして「なら国際映画祭」を立ち上げた方。そんな河瀬さんと、平城遷都1300年記念フォーラムや記念出版などを監修したセイゴオとが、それぞれに思いのある奈良の魅力を語り合います。
 また、当日は、第1回「なら国際映画祭」で「ゴールデンSHIKA賞」を受賞した趙曄監督が、奈良で制作した映画『光男の栗』を上映。

特別対談「奈良から世界へ」

日時:2014年4月18日(金)13:30~16:00(開場13:00)
    *最初に映画『光男の栗』上映あり(60分)

会場:国際文化会館 岩崎小彌太記念ホール(港区六本木5-11-16)

出演:河瀬直美(映画監督)・松岡正剛
    *モデレーター:近藤正晃ジェームス

会費:無料(要予約)
当日の参加者数ですが、今朝の時点で210名の方にご登録いただきました。そのため本プログラムへのお申込み受付を、現在キャンセル待ちでの受付へと変更いたしましたので、ご連絡申し上げます。

★予約・問い合わせ
国際文化会館 企画部(月~金の9:00~17:00)
tel:03-3470-3211
*下記の国際文化会館のホームページからお申込みできます。
http://www.i-house.or.jp/programs/publicprogram20140418/

投稿者 staff : 13:12 | コメント (0)

2014年4月 6日

News 新宿ロフトプラスワンで山崎春美さんと対談

2014年4月11日(金)の夜、セイゴオが新宿ロフトプラスワンに登場、伝説的なロックミュージシャン、ライター、編集者である山崎春美さんと、70年代~80年代のメディアシーンをめぐる対談をします。

この企画は、山崎春美さんの対談集刊行のために、新宿ロフトプラスワンが主催するシリーズで、かつて「遊塾生」だった山崎さんが師とあおぐ松岡が、その第一夜のお相手をつとめることになったもの。パンクな人びとと熱い交流をしていた、「遊編集長」時代の松岡の意外なエピソードなどもあれこれと明かされるようです。

詳細情報および申し込み方法は、下記のロストプラスワンのホームページをご覧ください。
http://www.loft-prj.co.jp/schedule/plusone/22344


山崎春美のこむらがえる夜 第一夜:松岡正剛

【日時】2014年4月11日(金)
OPEN 18:30 / START 19:30

【出演】山崎春美(文筆家、ミュージシャンほか)

【Guest】松岡正剛(編集工学研究所所長、イシス編集学校校長)他、スペシャルゲスト交渉中

【進行】石原剛一郎(工作舎編集者)

※追加ゲストとして佐藤薫(Ep-4)の出演決定!

【入場料】前売¥2,000 / 当日¥2,500(要1オーダー500円以上)
※前売券は3/15(土)午前10時よりe+にて発売中

投稿者 staff : 14:08 | コメント (0)