セイゴオちゃんねる

« 2013年2月 | メイン | 2013年4月 »

2013年3月15日

News フジテレビ「オデッサの階段」に出演

 セイゴオが、フジテレビの「オデッサの階段」に出演します。「オデッサの階段」は、毎回、多重多層の切り口で一人の人物を浮彫りにする、ドキュメンタリーとは一味ちがったユニークな番組。取り上げる人物も通好み、その人物をよく知る周辺の多様な人々にインタビューをすることで、ありきたりではない"意外性"をスピーディに明かしていく手法なども、見どころです。じつは、プロデューサー、演出家が、「遊」に憧れて企画したものだとか。
 オンエアは3月21日(木)、なんとこれが番組最終回となるようで、制作チームの皆さんのセイゴオへの思いが垣間見える貴重な番組となりそうです。

フジテレビ
オデッサの階段:松岡正剛の知
2013年3月21日 (木)23:15~23:45

【番組ホームページの告知より】
最終回のゲストは、編集工学者である松岡正剛。生涯、一編集者として、編集工学という分野を確立し、書籍や映像をはじめとする様々なジャンルでその知識を活かしてきた。その活躍は多岐に渡る。古今東西のあらゆる書物をとりあげ、その本にまつわる膨大な知識を圧倒的な編集力で、唯一無二の読み物へとまとめ上げた人気の連載「千夜千冊」。独自の編集技術を広く一般に伝授するために創設したISIS(イシス)編集学校。そして、大手企業の幹部育成を目的としたハイパーコーポレートユニバーシティ、さらに国家プロジェクト「クール・ジャパン」への参加など。松岡は求められるがままに、その豊富な知識を惜しみなく提供してきた。
そんな、現代の日本で最も知識を持つ男について、美輪明宏、いとうせいこうが語る「松岡正剛の魅力」、事務所スタッフが語る「松岡正剛の意外な一面」、そして公私ともに親交のある田中優子が「松岡正剛の編集能力」などを語る。松岡という「知の巨人」を構成する多くの人たちの言葉から、松岡の「知」に隠された世界に迫る。

honro.jpg
ゴートクジISIS本楼での撮影風景

studio.jpg
フジテレビ湾岸スタジオでの撮影風景

投稿者 staff : 20:16 | コメント (0)