セイゴオちゃんねる

« 2011年8月 | メイン | 2011年10月 »

2011年9月 2日

Publishing 『リスクな言葉』『アートな言葉』刊行と記念ソロトーク

セイゴオ語録第2弾『リスクな言葉』と『アートな言葉』(求龍堂)が、9月21日(水)に同時刊行されます。『リスクな言葉』では、歴史的現在としての「負」をどのように引き取るかをめぐるセイゴオ語を徹底収集。一方、『アートな言葉』では、セイゴオの〝数寄感覚″をめくるめく紹介しています。セイゴオの著作物のほか、講演・テレビ番組での発言や展覧会図録・雑誌・エッセイまで、これまであまり知られていなかった〝過去ログ”も多数掲載。

また、9月21日(水)には、新宿・紀伊國屋ホールで刊行記念講演会を開催いたします。新刊語録の背景にある香ばしいエピソードや秘めたこだわりをぜひ堪能してください。

2011083001.jpg

---------------------
『リスクな言葉』目次
---------------------
Ⅰ.三・一一
Ⅱ.リスクとは何だ?連環篇
Ⅲ.リスクとは何だ?遊蕩篇
Ⅳ.日本の背中が見えない
---------------------
求龍堂 2011年
各1500円+税
---------------------

2011083002.jpg


----------------------
『アートな言葉』目次
----------------------
Ⅰ.アートは数寄の結末だ
Ⅱ.打ちのめされたい
Ⅲ.透いて!漉いて!鋤いて!
---------------------
求龍堂 2011年
各1500円+税
---------------------

詳細
http://www.kinokuniya.co.jp/label/20110824162945.html

日  時|2011年9月21日(水)19:00開演(18:30開場)
会  場|新宿・紀伊國屋ホール(紀伊國屋書店新宿本店4階)
料  金|1,000円(全席指定・税込)
前売取扱|キノチケットカウンター(紀伊國屋書店新宿本店5階10:00~18:30)
電話予約|紀伊國屋ホール 03-3354-0141(受付時間10:00~18:30)
《チケット発売・電話予約受付中》
主  催|紀伊國屋書店
協  力|求龍堂、松岡正剛事務所

投稿者 staff : 00:35

2011年9月 1日

Publishing 『週刊ポスト』「百辞百物百景-コンセプト・ジャパン100」 007~009

『週刊ポスト』のカラーグラビアで好評連載中「百辞百物百景-コンセプト・ジャパン」は8月で3カ月目をむかえました。現在発売中の最新号では「009案山子」が掲載されています。

2011090101.jpg
(写真:太田真三)

 いったい案山子とは何なのか。何者なのか。蓑笠つけた案山子が不憫な一本足であるのはなぜなのか。実は案山子はれっきとした神なのだ。本名をクエビコという。しかもたいへんな物知りなのである。(中略)『古事記』は、クエビコはいまではヤマダノソホドと呼ばれ、足は動かないのに天下の事をことごとく知っている、と説明している。
 日本にはこのように、すべてを知っている者はあまり動かないし、ふだんは目立たないという見方があった。(中略)指一本で万能検索できる世の中では、こんな神々のこと、ほとんど忘れられてしまった。しかし、本当の物知りはいまなお脇役にこそいるにちがいない。
 2011年8月29日発売「週刊ポスト」9月9日号 「百辞百物百景-コンセプト・ジャパン100 ―009案山子」より

8月に掲載された007~009の「ジャパン・コンセプト」と中見だしは以下のとおり。

007 水分(みくまり)
    ―泣いてくるくる風車

008 名残(なごり)
    ―この技能に、この風情。
 
009 案山子(かかし)
    ―クエビコという全知神

■『週刊ポスト』
■発売日  毎週月曜日発売  ※週により変更する場合もあります
■定 価  380円(税込)  ※特大号などにより変更する場合もあります

投稿者 staff : 00:53