セイゴオちゃんねる

« 2011年3月 | メイン | 2011年5月 »

2011年4月20日

News NHKハイビジョン特集「日本最大の国宝絵巻 法然上人絵伝~中世・心の原風景をよむ」

法然上人八百回忌を記念して制作されたNHKの特別番組「日本最大の国宝絵巻 法然上人絵伝」にセイゴオがナビゲーターとして出演。日本最大と言われる「絵伝」を読み解きながら、日本仏教に革命をもたらした法然の思想や生き様を浮き彫りにします。

2011042001.JPG

「日本最大の国宝絵巻 法然上人絵伝~中世・心の原風景をよむ」
放映   2011年4月23日(土)
時間   22:00~23:30
放送局 NHKBSプレミアム
*再放送 4月24日(日)14:00~15:29

★★近畿ブロック限定で地上波NHK総合★★
放映  2011年5月4日(水)
時間  10:05~11:34(再放送)

番組HPはこちら↓
http://www.nhk.or.jp/bs/hvsp/

投稿者 staff : 15:05

2011年4月 4日

Diary 3・11に寄せる一夜の書宴

 3・30、松岡正剛事務所の和泉佳奈子が誕生日を迎えた。例年は、桜の開花を楽しみながらささやかに誕生祝いの食事会を行ってきたのだが、今年はいっそうつつましく、事務所内でショートケーキを囲んでひとときを過ごした。

 和泉の実家は仙台である。3・11の大地震の後、肉親の無事だけは確認できたものの、被害状況も避難状況もわからない数日が続いた。1週間後、ようやく東京からの高速バスが開通したが、故郷を見舞うためのチケットを入手できたのは、それからさらに1週間後のことだった。母親が過労で倒れたという知らせを聞いてから数日が過ぎていた。仙台には粉雪が舞っていた。

 3日間の帰郷から戻った和泉は、街の被害の大きさよりも、人びとの孤立に強いショックを受けたという。 とてもケーキにローソクを点すムードにはなれず、セイゴオが筆と墨を持ち出して、和泉のために一首をしたためた。

  佳奈子三十四

   三月と言ふといふのに
    粉雪は
     青葉あたりの
    人びとを追ふ

  かの震災のあとに 玄月

2011040201.jpg

 
 セイゴオは3・11後、悩んだ末に「千夜千冊 連環編」の中に「番外録」をスタートさせ、『活動期に入った地震列島』『原発と地震』『新リア王』『鎮魂詩四〇四人集』『<弱さ>のちから』を書き続けてきた。それでもなお、心は少しも晴れないという風情で、沈思することが多くなっている。「仕事にかまけているとしか思えないんだよ」などと呟くこともあった。

 3・11後、初めて筆を手にしたセイゴオは、和泉のための一首を書いたあと、スタッフたちに、3・11後に考えてきたことを話してみてほしいと言い出した。「それを言葉に、書にしてみたい」。

 栃尾はこう語った。津波がすべてをさらってしまったこと、でもそれ以上に、原発事故が人びとの「母国」を奪ってしまったことに、日本人が日本のなかに難民を生み出していることに衝撃を受けている。

 セイゴオは、栃尾が思わず知らず身振りを加えてつかえながら話す言葉を聞きながら、こんな書を書きあげた。

 三・一一

  忘弱

2011040202.jpg


 「こういう言葉はね。いまのような話を聞かないと思い浮かばないものでねえ」。セイゴオが語る。

 次に太田が語る。ずっと海のことを考えていた。はるか昔から海は日本列島を抉ってきた。そう思うと、一夜にして津波に抉られた風景に、強い郷愁を感じる。自分の故郷以上に、自分の何かが抉られたようにも思う。

 「太田さんの実家はその後どうなの」。「先週末、やっと水が復旧しました。でも、ずっと深刻ではないんです。あの海にくらべれば」。太田の実家も液状化でライフラインが長らくとまっていた。3人しかいないスタッフのうちの2人の実家が被災し、松岡事務所は3・11以降、不足する情報や物資の「対策本部化」していたようなものだった。栃尾が率先して、それぞれの実家に届けるための飲料水や食料の調達に走っていた。セイゴオはそんな松岡事務所の日々も肌でヒリヒリ感じ続けていたのだろう。

 「海というのはよくわかる。僕もだよ」。そういいながら、セイゴオが筆を走らせた。

 三・一一

  抉海

2011040203.jpg

 和泉が語る。死にゆく人がいて、残される人がいる。残された人びともつらい。仙台の街にそんなつらさが満ちているようだった。そして、これから自分は、何を残すのか、残せばいいのかということを突きつけられた。

 セイゴオは、和泉の言葉を聞き終わらないうちに、たっぷりの墨をつけて筆を大きく動かした。

  残

  此方…彼方
  平成二十三年三月十一日 午後二時四十六分 
  襲ふもの 残るもの 玄月

2011040204.jpg

3人のためにセイゴオが残した4枚の書を前に、誰ともなくこうささやきあった。
「復旧も復興もね、心の方はゆっくりゆっくりでいいんだと、日本はそれしかないんだと、今回はなぜだかそういうことを強く思う」。

投稿者 staff : 11:41