セイゴオちゃんねる

« 2010年9月 | メイン | 2010年11月 »

2010年10月24日

News 連塾ブックパーティスパイラル巻1「本の風」参加募集

 11月6日(土)、南青山のスパイラルで「連塾ブックパーティ スパーラル 巻1 本の風」を開催します。「本市」「本談」「本宴」という延べ8~9時間におよぶプログラムは、すべて「本」をテーマにした特別仕立て。 ナビゲータをセイゴオがつとめ、ゲストの五木寛之さん、鴻巣友季子さん、今野裕一さん、佐藤優さん、清水真理さん、津田大介さん、中谷巌さん、長谷川眞理子さん、福原義春さん、前田日明さん、安彦良和さんら11名が次々に登壇します。

お申し込みはコチラから↓
http://www.renrenkai.jp/bookparty/bps_1/

2010101303.jpg

本が世界劇場になっていく
松岡正剛

 本は歴史であって盗賊だ。本は友人で、宿敵で、恋人でる。本は逆上にも共感にも、羨望にも失望にもなる。けれどもそういう「本の世界劇場性」がプロデュースされたことはなかった。本は踊っていないし、ファッションにも茶の湯にもなれず、アートフェスティバルにもなってこなかった。
 そこを打ち破りたい。本の現在過去未来をめぐって新たな連塾シリーズを始めたい。題して「ブックパーティ スパイラル」10巻立て。ずっと青山スパイラルを本の舞台にして、数々の本の可能性をお目にかけたい。
 巻1では、まずは不思議な「本の風」をおこしたい。名うての過激な本好きをお呼びして、3階スパイラルホールで「本談」を、1階スパイラルスガーデンで「本市」「本宴」をする。これらを今後3年間にわたっていろいろ変奏するつもりだ。どうなるのかは秘密だが、大いに集っていただき、不思議なブックウェアを遊んでいただきたい。

投稿者 staff : 20:29

2010年10月23日

ラジオ「J-wave Tokyo Morning Radio」に連続出演

 10月25日(月)~10月28(木)、セイゴオが「J-wave Tokyo Morning Radio」の「ウィダーPower Your Morning」(6:25~6:35)に出演します。起業家・文化人・スポーツ選手・ミュージシャン・俳優・研究者など各界で活躍する著名人が週替わりで登場し、その人だけが語ることができる極上のテーマにフォーカスを当てるというコーナー。ナビゲータは別所哲也さんです。セイゴオは、4日間にわたって「編集」、「松丸本舗」、「日本力」そして「これから力を注ぎたい活動」について語ります。

--------
番組名:J-wave Tokyo Morning Radio 6:00-9:00
ナビゲータ:別所哲也
セイゴオ出演コーナー:ウィダーPower Your Morning 6:25~6:35
--------

2010102301.JPG

投稿者 staff : 03:25

2010年10月13日

News 松丸本舗一周年御礼企画「店主閣の日」

 10月23日(土)、おかげさまで「松丸本舗」が1周年を迎えます。セイゴオは感謝の気持ちをこめて、その日を「店主閣の日」とし、店主として丸々一日滞在(13:00~21:00)します。また、松丸本舗BSE(ブックショップエディター)による「松丸本舗ツアー」も開催されます。一周年を機会に松丸本舗の秘密を知りたい方は指定の時間(10:00、14:00、18:00)に1階ビッグブック前にお集まりください。

店主閣mini.jpg

 「丸善、主宰。松岡正剛、編集。」をかかげ、「本はもっと遊びたがっている」をモットーに駆け抜けた12か月。朝日・読売・毎日・産経など新聞各紙が「松丸本舗の誕生」を書店界の事件として日々注目し、「BRUTUS」 「男の隠れ家」 「FRaU」 「ダ・ヴィンチ」 「家庭画報」 「東洋経済」など様々なジャンルの各雑誌がそれぞれの切り口で松丸を紹介。 さらに7月にはTBS「情熱大陸」が松丸本舗をセイゴオとともに大々的に紹介し、10月末には「J-WAVE TOKYO RADIO」(10月25日~28日「Power Your Morning」)で取り上げられるなど、日々実験しつづける松丸への注目度は高まるばかり。 また、7月に出版した『松岡正剛の書棚―松丸本舗の挑戦』は全国大手書店でも売れ行き好調。9月にはAppStoreより電子版『松岡正剛の書棚-松丸本舗の挑戦』(iPad用)を発売。一方、9月29日にはグッドデザイン賞を受賞するなど、メディア業界を超えたところでも脚光を浴びはじめています。

 10月23日(土)、セイゴオは「お客様からの“読書人生相談”を受け付けたい」と張り切っております。もしかしたら、セイゴオによるミニレクチャーやワークショップやサイン会など突然なにかが始まるかもしれません。松丸本舗発信のツイッター情報もお見逃しなく。


投稿者 staff : 20:30

2010年10月12日

Publishing 電子出版『松岡正剛の書棚』

9月30日、Appstoreより電子版『松岡正剛の書棚-松丸本舗の挑戦』(i-Pad用)が発売されました。高画質の写真により書棚の拡大と縮小が自由自在となり、詳細な書名まで見ることができるようになっています。また、充実した読書機能として、著者名・書名の「索引」、ページの「しおり」、アイディアの「メモ書き」などがついています。税込900円。

2010101301.jpg


■購入方法■

iTunes App Storeにてご購入いただけます。
「松岡正剛」で検索していただくか、下記リンクをクリックして下さい。
※iTunes App Store 『松岡正剛の書棚』アプリページへのリンク
→http://itunes.apple.com/jp/app/id391075621?mt=8

投稿者 staff : 17:22

2010年10月 5日

News 国民読書年記念シンポジウム「読書とはなにか」

10月20日、セイゴオは国民読書年を記念したシンポジウで基調講演をおこないます。場所は、国立国会図書館。タイトルは「読書の方法について」です。人間にとっての読書の意味から日本における読書の特色、また電子書籍のようなメディアの変化の問題まで、多様な視点で読書を取り上げながら、あらたな本と人の関係を考えます。(⇒おかげさまで申し込み終了)

国民読書年記念シンポジウム「読書とはなにか」

<日時>2010年10月20日(水) 13:30 ~ 17:00

<会場>
国立国会図書館 東京本館 新館 講堂
国立国会図書館 関西館 1階 第一研修室
※関西館には講演会の模様を、東京からテレビ中継されます。

<内容>
■基調講演「読書の方法について」
 松岡正剛氏(編集工学研究所所長、イシス編集学校校長)

■パネルディスカッション
 「読書の過去・現在・未来―デジタル時代における言葉・テクスト・リテラシーをめぐる諸問題」
 和田敦彦氏(早稲田大学教育・総合科学学術院教授)
 橋本大也氏(書評家、デジタルハリウッド大学教授)
 杉本卓氏(千葉工業大学工学部教育センター教授)

■ディスカッション「『新しい読書』のすすめ―研究と実践への展望―」

詳細・お申込みはこちら→http://www.ndl.go.jp/jp/event/events/readingsympo.html

投稿者 staff : 21:36