セイゴオちゃんねる

« 2010年1月 | メイン | 2010年3月 »

2010年2月 2日

News 「ときの探訪」スペシャル番組にセイゴオ出演

1997年4月から14年間にわたり、セイゴオ監修のもと、東海・近畿を中心にさまざまな地域の歴史文化を取り上げてきた番組「ときの探訪」(CBCテレビ)の、スペシャル番組が放映されることになりました。

2009年9月、惜しまれながらも第536回をもって最終回となった「ときの探訪」ですが、中部日本放送(CBC)、JR東海エージェンシー、制作プロダクションのエクスプレスをはじめ、関係者の熱意によって実現したこの「ときスペ」には、なんと監修者であるセイゴオも特別出演します。

放映日は、2月7日(日)16:00~16:30(CBCテレビ)。「冬の飛騨路」にスポットを当てて、「ときの探訪」の映像を駆使しつつ、山本陽子さんを案内人として街並や行事や職人さんを訪ねる新企画も織り込みながら展開するというスペシャルバージョンです。

「ときの探訪」は、1997年4月8日、長野県の「飯田の水引」からスタートしました。当初からセイゴオが監修者としてかかわり、おもに松岡正剛事務所と編集工学研究所の若手スタッフが中心に企画を担当。1週間に1本、正味2分というミニ番組ながら、「日本文化アーカイブ」とよべるような質の高い番組をつくるという関係者のみなさんの熱意によって、14年間にもおよぶ長寿番組となりました。

その間に取り上げたテーマは、各地の伝統工芸や祭礼行事から、郷土料理や郷土玩具、庭園・建築・日本絵画、ちょっと意外な人物評伝まで多種多様。スポンサーであるJR東海のエリアである東海・近畿を中心に、東京や鎌倉、北陸地方の文化文物なども取り上げています。

ちなみに、14年間の「ときの探訪」視聴率ベスト10は次のとおり。

1位:第192回(2001年9月4日放送) 東海道 御油~赤坂(愛知)  19.3%
2位:第282回(2004年1月29日放送) 高山陣屋(岐阜)        18.0%
3位:第397回(2006年7月27日放送) 湯湧温泉 氷室行事(石川) 17.4%
4位:第283回(2004年2月5日放送) 八丁味噌(愛知)         17.3%
5位:第278回(2003年12月18日放送) 兼六園の雪吊り(石川))  17.2%
6位:第454回(2007年12月6日放送) 大神神社 酒まつり(奈良) 17.0%
7位:第329回(2005年2月3日放送) 丑首紬(石川)          16.6%
8位:第391回(2006年6月15日放送) 熱海 起雲閣(静岡)     16.1%
9位:第376回(2006年2月16日放送) えびす・大黒綱引き(福井) 16.0%
 〃:第461回(2008年2月7日放送) 正暦寺(奈良)          16.0%
 〃:第271回(2003年10月30日放送) 鎌倉・建長寺(神奈川)   16.0%


惜しくも2009年9月17日、第536回「王朝文化を守る御簾(京都)」をもって、「ときの探訪」は14年間の歴史に終止符を打ちました。その1ヶ月後には、関係者慰労会が東京・九段で開催され、歴代の各担当がひさしぶりに顔をそろえ、撮影や企画の苦労話などを交わし合うとともに、「とき探」の歴史を継承すべく再会を誓いあったのでした。

以下、2009年10月に行われた「ときの探訪」慰労会のスナップ写真を少しだけご紹介。

2009101401.jpg
左)「ときの探訪」立ち上げ人であるJR東海エージェンシーの足立安博さん(右)、CBC側のアンカーをつとめた原田洋さん(左)
右)「とき探」の完成度を極めたエキスプレスのディレクター炭山信義さん(右)、長寿化の礎をつくったCBCの服部恒明さん(左)

2009101402.jpg
左)「ときの探訪 放送回数536回」の記念の楯を贈られて感無量のセイゴオと太田香保
右)炭山ディレクター選出による「とき探ベスト10」を観賞。

2009101403.jpg
左)プランナーたちも、それぞれが思い入れのある企画・番組を語る
右)企画の秘訣やおもしろさを語る高橋秀元

2009101404.jpg
左)番組立ち上げから14年間にわたって見守ってきたJR東海エージェンシーの新谷潤一さん
右)メンバーの苦労話ひとつひとつがセイゴオに「とき探」の歴史を感じさせる。

2009101405.jpg
一同そろって記念撮影

投稿者 staff : 23:10