セイゴオちゃんねる

« Report 連塾 JAPAN DEEP 4 年末の胸騒ぎ、日本の武者震い。 | メイン | Diary 緊張度いっぱいの新年会で2010年始まる »

2009年12月29日

News 年末年始のセイゴオメディア情報

年末年始にかけてセイゴオが登場するメディアを紹介します。

■『BRUTUS』企画、幅允孝さんと松丸本舗へ
■関口宏「サンデーモーニング年末特番」にVTR出演
■『週刊読書人』新春特別号で福原義春氏と巻頭対談
■V6岡田准一の81.3FM「グローイング・リード」に出演

■『BRUTUS』企画、幅允孝さんと松丸本舗へ

12月15日発売の『BRUTUS』(特集「本が人をつくる。」)で、セイゴオと話題のブックディレクター幅允孝さんが対談。「読書地図の作り方」をテーマに松丸本舗で語り合いました。いかにして本と仲良くなるかというブックウェアの話しから、ブックマップをつくるためのキーブックの概念まで、互いの読書遍歴を明かしながらの5ページ記事です。

2009120302.JPG丸善・丸の内本店4階「松丸本舗」本殿前で対談


■サンデーモーニング年末特番にVTR出演

12月27日(日)午前8:00-11:30放送の「サンデーモーニング・年末スペシャル」にセイゴオがVTRで登場。テーマは「21世紀の大転換~世界の行き詰まりと意識改革」。セイゴオは歴史的現在に立って日本の将来に鋭いコメントを連発していた。

司会:関口宏 / コメンテーター:寺島実郎、田中優子、金子勝、岸井成格

【1部】
▼今週1週間のニュース
▼親分と張さん今年のスポーツ総喝!
【2部】
▼「世界の行き詰まりと時代の要請」米国最大カジノ街の地下住民
▼格差と国債・不安日本
▼資本主義その功罪
▼ムーア監督怒りの告発
▼なぜ限界?成長神話
▼破たん国再生の道と意識の変革

2009120301.JPG収録は編集工学研究所のサロンスペース

■『週刊読書人』新春特別号で福原義春氏と巻頭対談

1月8日発売の『週刊読書人』新春特別号で、企業人を代表する読書人・福原義春さん(資生堂名誉会長)とセイゴオの対談が掲載されます。テーマは「2010年国民読書年にちなんだ読書論」。2009年に『だから人は本を読む』(東洋経済)を出版された福原さんと、『多読術』(ちくまプリマー新書)で本屋さん大賞を受賞したセイゴオが「本」や「読書」について徹底的に語りました。

2009120501.JPG対談場所は、資生堂本社の名誉会長室


■V6岡田准一の81.3FM「グローイング・リード」に出演

1月10日(日)24:00~25:00放送の81.3FM「グローイング・リード」にセイゴオが登場します。パーソナリティはV6岡田准一さん。毎週各界の著名人を呼んで最先端の話を繰りひろげています。セイゴオに与えられたテーマは「今の時代、日本を考えるにはどうしたらいいですか?」。セイゴオの普段の生活ぶりから、編集という専門分野の話し、そして連塾や松丸本舗などいま手がけているプロジェクトまで、あらゆることをたっぷりと話しています。収録後の岡田さんの一言は「松岡さん、すっげ~。まじすげ~。」でした。

投稿者 staff : 2009年12月29日 00:53