セイゴオちゃんねる

« 2008年10月 | メイン | 2008年12月 »

2008年11月25日

News 丸善本店で『白川静』出版記念講演&サイン会

タイトル「白川静-漢字世界観」

 11月14日の刊行後、早くも5万部を突破する勢いのセイゴオの新刊『白川静』。都内大手書店の売上げ新書ランキングベスト5に入るなど、好評です。
 12月11日(木)には、丸善本店(丸の内OAZO)で出版記念講演会を開催します。1971年秋に白川静氏の一般向け処女作『漢字』と出会ったときの衝撃から、今日までの38年間、難解で深甚な白川静像に対してセイゴオがどのようにアプローチしてきたのかを語ります。
 また、約1時間の講演後は予約制のサイン会も行われる予定です。


平凡社新書『白川静』刊行記念
松岡正剛氏講演会&サイン会
「白川静の漢字世界観」

日 時 :12月11日(木)19:00~20:30 ※満員御礼
場 所 :丸善・丸の内本店3F日経セミナールーム
定 員 :100名様
申込方法:丸の内本店で平凡社新書『白川静』をご予約、またはご購入のお客様先着100名様に整理券を配布。サインはお一人様1冊まで。整理券がなくなり次第、配布終了です。
お問合せ:丸善丸の内本店 和書グループ
03-5288-8881(営業時間 9:00~21:00)

※詳しくは丸善ホームページをご覧ください。
http://www.maruzen.co.jp/Blog/Blog/maruzen02/P/4401.aspx

投稿者 staff : 20:48 | コメント (0)

2008年11月19日

News 植田いつ子の仕事「布と影と夢」展

皇室デザイナー植田いつ子さんの展覧会を総合監修

 セイゴオが総合監修をつとめた植田いつ子の仕事「布と影と夢」展が、11月20日(木)から22日(土)までの3日間、赤坂の草月会館で行われます。植田さんは、日本のオートクチュール界の第一人者であり、30年にわたって皇后陛下のデザイナーとして活躍。今回は活動50周年を記念した特別展です。

 世界一美しいといわれる植田さんのドレープドレス、日本特有の織や刺繍の技術を巧みにつかった金糸銀糸のドレス、着物の帯を大胆にあしらったカクテルドレスなど約90点が、草月会館内のイサム・ノグチ庭園「天国」に凛と立ち並びます。
 セイゴオは「王朝」「布ことば」「凛」「流れる」「旬」などの言葉で植田さんの世界の際を立ち上がらせました。


■植田いつ子の仕事 50周年特別記念展 「布と影と夢」

日時 11月20日(木) 展示11:00~17:00
     11月21日(金) 展示11:00~19:00
     11月22日(土) 展示11:00~19:00
会場  草月会館 イサム・ノグチの庭園「天国」と2階レセプションルーム
住所  東京都港区赤坂7-2-21
入場料  無料
問合先  植田いつ子アトリエ
      東京都元赤坂1-4-21 赤坂パレスビル6階
      電話 03-5411-1521

デザイン    植田いつ子
総合監修   松岡正剛
照明・演出    藤本晴美
空間・展示   真保 毅
グラフィック  美柑和俊

2008103006.jpg
イサムノグチ庭園「天国」最上階の仕上げをするセイゴオ


2008103005.jpg

投稿者 staff : 20:47

2008年11月17日

Publishing 『白川静―漢字の世界観』出版

セイゴオの最新著作『白川静―漢字の世界観』(平凡社新書)が出版されました。

これは、今年2月に放映されたNHK「知るを楽しむ―白川静」の語り手となったセイゴオが、番組用に書き下ろしたテキストをもとにしつつ、大幅な加筆のうえ再編集したもの。白川漢字学の初の入門書としてそのエッセンスを紹介しつつ、近代以降の「東洋学≒日本学」の系譜のなかで、長らく異端とされてきた白川静の思想と方法を、改めて捉えなおすという切り口を際立たせています。

『白川静―漢字の世界観』
平凡社新書440
価格:780円(税別)

内容:
第1章 文字が世界を憶えている
第2章 呪能をもつ漢字
第3章 古代中国を呼吸する
第4章 古代歌謡と興の方法
第5章 巫祝王のための民俗学
第6章 狂字から遊字におよぶ
第7章 漢字という国語


2008110701.jpg

投稿者 staff : 19:31

2008年11月11日

News セイゴオと真行寺君枝さんが東京堂で講演&サイン会

テーマは、「書くこと」と「読むこと」。

 11月15日(土)、東京堂神田本店で行われる真行寺君枝さんの処女作『めざめ』(春秋社)の刊行記念講演会にセイゴオが友情出演します。「書くこと」と「読むこと」をテーマに、それぞれが40分づつソロで語ります。

 『めざめ』は、女優・アーティストとして美と真理を追いながら激動の半生を生き抜いた真行寺さんの半生記。セイゴオは、初めて本を書く真行寺さんから度々執筆の相談をうけてきました。

 講演の日、セイゴオの新刊『白川静-漢字の世界観』(平凡社)もはじめて店頭に並びます。講演会終了後には、『めざめ』と『白川静』のサイン会も行われます。

日 時:2008年11月15日(土曜日)14:00~16:00(開場13:45)
場 所:東京堂神田本店6階
参加費:500円
参 加:要予約
申 込:電話または、メール(tokyodosyoten@nifty.com)にで、件名「書くこと」と「読むこと」イベント希望、お名前・お電話番号・参加人数をお知らせください。※11月14日以降は、お電話にてお問合せください。
電 話:03-3291-5181

詳しくは東京堂HPをご参照ください。http://www.tokyodoshoten.co.jp/


投稿者 staff : 20:43 | コメント (0)

2008年11月 5日

News 日本人がうけとめた山水観を語る

 12月9日(火)放送予定のNHK総合「とっておきの世界遺産-山水の世界」(15分番組)にセイゴオが出演します。中国の黄山や武夷山の幻想的な山水世界、南宋山水画の影響をうけ室町水墨画を大成した雪舟の作品、さらに水を用いずに水の流れを感じさせる日本独自の枯山水の庭園など。『山水思想』(ちくま学芸文庫)で書いた日本の「負の山水」という方法を軸にコメントをします。


■放送日
NHK総合 12月9日(火) 午後 10:45~11:00

■再放送時間
NHKBS2 土曜午前7:30~7:45
NHK総合 翌週月曜午後3:45~4:00

2008110502.jpg

投稿者 staff : 11:29