セイゴオちゃんねる

2014年11月 6日


11月16日、そ乃香vol.6 折り紙の世界に革命を起こした伝説の職人・前川淳氏


 11月16日(日)、松岡事務所の和泉佳奈子がプロデュースするISIS館「本楼」の特別催事「そ乃香」第6弾を開催します。今回のゲストは、折り紙職人の前川淳さん。展開図から折り紙のかたちを設計する新しい手法を提唱し、折り紙の可能性を大きく広げた方です。
 代表作は、いまにも翼をひろげてこっちに向かって飛びかかってきそうな超絶折り紙「悪魔」。ORIGAMIという言葉が海外でも広く定着している昨今、いまなお、その「かたちの調和」の素晴らしさから折り紙界の記念碑と呼ばれています。繊細に折れ曲がった5本の指、何重にも折り重ねられた両翼、そしてリアリティに満ちた表情。そもそもどうしてこういう折り方を考案できたのか。
 また、世界を線と面の比率でとらえる独特の見方を持たれていて、当日は、デューラーの隠し絵からフォーチュン・クッキーまで、ありとあらゆる「かたち」の見方を教えていただきます。もちろん折り紙なので、実際にみなさんと手をうごかし、そ乃香のために図を描きおろしていただいた作品を一緒につくりたいと思います。

image-2_400.jpg

■開催概要
---------------------------------------------------------
ISIS本楼トークライブ「そ乃香」vol.6
前川淳「折り紙からORIGAMIへ-分野を越えて広がる折り紙の魅力」
---------------------------------------------------------
◎日時:2014年11月16日(日)14:00~16:00
◎会場:ISIS館「本楼」 世田谷区赤堤2-15-3
◎参加:先着30 人
◎入場料:3000円 +ワンドリンク制(受付にてご注文ください)
◎申込み メールまたはお電話にて必ず事前にお申込み下さい。
TEL:sonoka@eel.co.jp
MAIL:03-5301-2212(松岡正剛事務所)
◎協力 編集工学研究所&松岡正剛事務所

続きを読む "11月16日、そ乃香vol.6 折り紙の世界に革命を起こした伝説の職人・前川淳氏"

投稿者 staff : 10:33

2013年2月25日


【News】3月3日、ヴィヴィアン佐藤さんのトークイベント


 3月3日(日)午後、ゴートクジISIS「本楼」でヴィヴィアン佐藤さんをお迎えしてトークイベント・そ乃香を開催いたします。タイトルは「雛と化粧と非建築」。
 現在開催中の個展「VIVIENNESATO SOLO SHOW 『PSYCHE`S SIGHS,LONG LONG BREATHS IN WINTER』真冬のプシュケ展」の狙いから、美術家、非建築家、映画批評家、プロモーター、そしてドラァグクイーンと様々な顔をもつ「ヴィヴィアン佐藤という生き方」まで、一期一会のココだけのお話をお楽しみください。

SKMBT_36313022512060_400.jpg

---------------------------------------------------------
ゴートクジISIS本楼「そ乃香」vol.1
ヴィヴィアン佐藤「雛と化粧と非建築」
---------------------------------------------------------
■日 時 2013年3月3日(日) 3:00 開場
3:30~5:00 【噺】-ヴィヴィアン佐藤
5:00~6:00 【呑】-トワイライトカクテルタイム
■場 所 ゴートクジISIS「本楼」
       世田谷区赤堤2-15-3 編集工学研究所&松岡正剛事務所1階
■参 加 先着40人
■入場料 【噺】+【呑】 3000円 (ドリンク付) 
           ♥ぜひみなさまも「雛」になって来て下さい♥
■申込み・問合せ sonoka@eel.co.jp (担当:和泉佳奈子)
(イベント名・参加人数・お名前・フリガナ・参加人数・携帯番号・性別・質問などを
ご記入のうえメールでお申込みください)
----------------------------------------------------------

ヴィヴィアン佐藤「雛と化粧と非建築」に添えて
◎活動内容や生活スタイル、言説などが実はとても誤解されやすい私です。派手なドラァククイーンの装いが裏目に出ることもしばしば。古い知り合いの方こそ、私の本質を見ることが出来なくなってしまう傾向がある様です。
◎今回は私の「非建築」という肩書きから始まり、「お化粧」「女装」を始めた動機、「美術家」としての私。そして「映画批評」から様々な「プロモーター」としての活動、最近の「迷所巡礼」という都市の物語性を巡るエッセイを紹介することにより、「超個人」的な活動を「同時代的」に自己紹介していきます。
◎wikipediaをほとんど信頼しない私です。ですから私のwikipediaのページは全く正確ではありません。気にしていないのです。 このような会ですと、にわかネット検索する方も多いかと思われますが、今回のコンセプトは「そ乃香」。そこだけに発散する私の香り・存在・気配を嗅ぎ取っていただければ嬉しく思います。

ヴィヴィアン佐藤
美術家、非建築家、映画批評家、プロモーター、ドラァグクイーン、、と様々な顔を持つ。ジャンルを横断していき独自の見解で「トーキョー」と「現代」を乗りこなす。自身の作品製作のみならず、「同時代性」をキーワードに映画や演劇、ライヴなどを単なる受け取る側としてではないプロモーション活動も展開。 バーニーズNY、ヴーヴクリコ、LANVIN、MILKFEDなどのディスプレイや作品を提供。野宮真貴や故山口小夜子、故野田凪、古澤巌など個性派美学を持つアーティストとの仕事も多い。2012年からvantanバンタンデザイン研究所で教鞭を持つ。


〇「トークイベント・そ乃香」は、松岡正剛事務所の和泉佳奈子の企画・プロデュースによるゴートクジ本楼のための催事シリーズです。今後も意外なゲスト・趣向で展開します。乞う期待。


投稿者 staff : 20:14 | コメント (0)