セイゴオちゃんねる

2018年2月28日


News セイゴオちゃんねるリニューアル!


「セイゴオちゃんねる」は2018年2月28日より、下記URLにて新装開局しました!

 http://www.seigowchannel-neo.com

松岡正剛の消息や最新情報をお知りになりたい方は、新しい「セイゴオちゃんねる」のほうを御覧くださいませ。

投稿者 staff : 15:38

2017年12月 7日


田中泯&松岡正剛 ジャコメッティ対談


12月14日(木)、池袋コミュニティカレッジで映画『ジャコメッティ 最後の肖像』(来年1月5日)の公開を記念して田中泯さんとセイゴオによるトークイベントが開催されます。

二人にとってアルベルト・ジャコメッティは敬愛すべきアーティストで、創作活動にも大きな影響を受けています。今年、国立近代美術館で開催され大きな話題を呼んだアルベルト・ジャコメッティ回顧展(6月14日〜9月4日)にもセイゴオはすぐに足を運び、田中泯さんも展示会場で踊りを披露しました。

セイゴオが「千夜千冊」でジャコメッティの『エクリ』を取り上げたのは今から15年前の2002年。記念すべき第500夜でした。「不可能なビジョン」に立ち向かうとするジャコメッティの姿に、今後の「終わりなき編集」を決意したと綴っています。

今回の映画を試写会で見たときは、「名優ジェフリー・ラッシュ演じる晩年のジャコメッティの完璧な肖像画を目指し延々と描きつづける狂気がスクリーンに映し出されており、まるで本人を見ているかのような迫真の演技だった」と絶賛。

稀代の芸術家・ジャコメッティとその映画をめぐり、思い入れの深い二人はどのようなトークを展開するのか。
どうぞお楽しみに。

********************

映画『ジャコメッティ 最後の肖像』公開記念
田中泯 松岡正剛 スペシャルトーク
ジャコメッティに魅せられた二人が語る 迷宮のアトリエ

■講 師:舞踊家 田中泯 編集工学者 松岡正剛
■日 時: 12/14(木)19:00~20:30
■参加費: コミカレ会員・一般 1,500円 (税込)
映画公式HP http:/finalportrait.jp/
Thumbnail image for Thumbnail image for Thumbnail image for 【最終】コミカレチラシ案 20171205 映画 シ゛ャコメッティ公開記念 201710.jpg

投稿者 staff : 21:44 | コメント (0)

2017年11月17日


Publishing 田中優子さんとの対談本『日本問答』刊行



11月21日、田中優子さんとセイゴオによる岩波新書『日本問答』が発売となります。田中さんとセイゴオは古くからの盟友同士、数多くのシンポジウムやプロジェクトやセミナーやテレビ番組で共演してきましたが、この二人による対談本は本書が初めてです。

ともに日本が大好きながら、近頃の日本を悩ましく思っている二人が、それぞれの専門性と方法論をもって、日本の価値観や美意識のおもしろさについて、また日本の来し方・行く末について、めくるめく豊かな問答を交わします。

本書の企画がたちあがり、何度か対話を重ね、構成が検討されているあいだに、田中さんは大学総長となり、セイゴオは肺癌を患うという予想外の出来事がありましたが、そのような体験を経たことでさらに深まったそれぞれの「内なる日本、外なる日本」への思いが、本書から滲みでてくるようです。

日本問答.jpg
『日本問答』岩波新書 2017年11月21日刊行 940円+税

投稿者 staff : 20:55

2017年10月 5日


News 紀伊国屋ホールで『擬』出版記念講演会開催(追記あり)



追加情報:この講演会に、いとうせいこうさんの特別出演が決定しました!

11月4日(土)、新宿・紀伊国屋ホール(紀伊国屋書店新宿本店4F)で、セイゴオの最新著書『擬―「世」あるいは別様の可能性』の出版記念講演会を開催します。セイゴオがこれまで世に出し、世に問うてきた仕事の数々を紹介しながら、「ほんと」と「つもり」をどのように重ねてきたのかを"白状"しつつ、『擬』に込めた編集的世界観を語ります。


第279回新宿セミナー@Kinokuniya 
春秋社『擬―「世」あるいは別様の可能性』出版記念
松岡正剛講演 「もどき仕事」

2017年11月4日(土)19:00開演(18:30開場)
紀伊國屋ホール (紀伊國屋書店新宿本店4F)

入場料 1500円

*申し込み方法(事前申し込みが必要です)
  キノチケットカウンター
    (新宿本店5階/店頭販売 受付時間10:00~18:30)  または
  キノチケオンライン(24時間受付)で、チケット購入をお願いします。

  発売開始は10月6日(金)10:00~となります。

*問い合わせ先
  紀伊國屋ホール 03-3354-0141 (10:00~18:30)
  詳細情報はこちら


投稿者 staff : 11:47

2017年9月19日


Publishing 新刊書下ろし『擬(もどき)』9月20日発売!



セイゴオのひさびさの書下ろしにして、ちょっと風変わりな新刊、『擬―「世」あるいは別様の可能性』が9月20日に刊行。

ちぐはぐやあべこべ、模倣や真似やフェイク、つじつまのあわないこと、公認されない仮説、はかなさやおぼつかなさ・・・。世界や社会の残念な事態や現象に目を注ぎ、心を寄せ、肩をもってきたセイゴオがついに明かす、「世」なるものの正体とは。

普遍性やグローバリズムはそんなによいことなのか。首尾一貫性や説明責任がそんなに大事なのか。「世」はマネジメントのためにあるのではない、イメージメントのことこそもっと語りたい。「言いおほせて何かある」の「何か」や、「きのふの空のありどころ」の「ありか」のことこそ交わしたい。世界と世間を覆う制度やルールの度し難い仕組みや価値観を鋭く暴きつつ、「擬」の意外な効用と「別様の可能性」を全力で浮かび上がらせる、ユニークかつ渾身の書です。

――ぼくが考えている「擬」という考え方は、ボードリヤールのシミュラークルではないし、従来にシステムに代わるアナザーシステムでもない。本物があって偽物があるのではなく、「ほんと」と「つもり」がまじった状態でしか世界や世間は捉えられないという見方だ。――(本書より)

擬もどき1.jpg

『擬―「世」あるいは別様の可能性』
春秋社 2017年9月20日刊行
1900円+税

投稿者 staff : 11:22