セイゴオちゃんねる

2016年7月22日


Publishing タングステンおじさんへ



『レナードの朝』『妻を帽子とまちがえた男』『音楽嗜好症』などの著書で知られ、昨年(2015年)82歳で亡くなった精神医学者のオリヴァー・サックス。セイゴオは「医療ものにありがちな説得じみたバイアスがなくおもしろい」と、かねてからオリヴァー・サックスの著作を楽しんでいましたが、なかでもっとも耽読してきたのが『タングステンおじさん』とのこと、「千夜千冊」1238夜に取り上げて、オリヴァー・サックスの少年時代の科学への「ときめき」を追想しています。

 その『タングステンおじさん』がこのたびハヤカワ・ノンフィクション文庫なり、セイゴオが帯文を寄せました。

タングステンおじさん.jpg
オリヴァー・サックス『タングステンおじさん』
ハヤカワ・ノンフィクション文庫(2016年7月15日刊)

――それにしても、タングステン叔父さんが本当に実在していただなんて、まったく羨ましいかぎりだ。ぼくにも是非ともいてほしかった。が、実はこういう"変なおじさん"は誰のそばにもきっといるはずなのだ。(略)本書の後半はみごとな「化学入門」にもなっている。これまたこんなふうに化学のイロハを躍動的に書いているものはめずらしい。とくにメンデレーエフの快挙の解説は出色だ。オリヴァー少年が青年となって量子力学にふれ、ついに昔日の「化学の箱庭」と別れを告げるところなど、ぼくには万感迫るものがあった。――千夜千冊第1238夜『タングステンおじさん』より

◆◆◆

 もうひとり、セイゴオがいまなお敬愛する免疫学者の多田富雄さん(2010年逝去)の多面的な思索や著作や活動を多面的に紹介する書籍『多田富雄のコスモロジー』が出版され(藤原書店)、『免疫の意味論』を取り上げた「千夜千冊」がそのまま収録されました。これは、多田富雄さんと、五木寛之さん・井上ひさしさん、白洲正子さん、中村桂子さん、柳澤桂子さん、石牟礼道子さんが、あたかも露伴の『連環記』のように漂巡回遊しているかのようにセイゴオが独自に組み立てたもの、まさに科学と詩学と能楽の融合をめざした多田さんのコスモロジーにふさわしい異色の一篇です。

『多田富雄のコスモロジー』.jpg
『多田富雄のコスモロジー』
藤原書店(2016年5月10日刊)

投稿者 staff : 17:19

2016年6月 8日


元『プレイボーイ』編集長・島地勝彦氏との対談が掲載


ゴートクジ・本楼でセイゴオが元『プレイボーイ』編集長の島地勝彦さんと対談を行い、WEB雑誌「現代ビジネス」連載中の≪島地勝彦の「遊戯三昧」≫に掲載されました。

「島地勝彦の遊戯三昧」は大人の遊びを知り尽くした伝説の編集者が、ゲストとともに"男の遊び"について語り合うという趣向で、これまで各界の著名人とダンディズムあふれるトークが展開されてきました。

2人は昨年、タバコのすばらしさについて語り合うという、まさしく時代を逆行するかのような対談を行い意気投合、今回、島地さんがセイゴオに声をかけたことで対談が実現しました。

同時代に活躍した伝説の編集者2人が、卓越したインタビュー力で互いのディープな魅力を引きだしあった本対談は、下記のURLからご覧いただけます。

IMG_0559.JPG
対談後に全集『松岡正剛千夜千冊』をのぞきこむ島地スタッフのみなさん
-------------------------------------------
「島地勝彦の『遊戯三昧』」(WEB雑誌「現代ビジネス」連載中)
第13回ゲスト:松岡正剛さん
(前編)http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48535
(後編)http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48534

投稿者 staff : 20:51 | コメント (0)

2016年5月28日


TBS「オトナの!」にセイゴオがゲスト出演



TBSで2016年6月1日と8日(水)に放送される「オトナの!」に
セイゴオが二週連続で出演します。

TBS「オトナの!」はいとうせいこうさんとユースケ・サンタマリアさんがMCをつとめるトーク番組。これまでに中村獅童や山田孝之、浦澤直樹、みうらじゅん、蜷川実花など総勢130人以上がゲストとして出演。

今回、3年半つづいた番組の最終回ゲストとして、セイゴオが登場することになりました。
せいこうさんとセイゴオは、世代はちがうのに名前のよく似た相思相愛の友人、これまでにさまざまなイベントや番組で共演しています。

番組収録ではセイゴオが二人に「編集術」をレッスン。また、せいこうさんによるセイゴオ解読と、初対面となるユースケさんの新鮮な驚きが見どころです。

そしてトークのクライマックスでは、3人が体験談を交えながら番組テーマでもある「オトナとは一体何か」について迫ります。
水曜の深夜、3人の芸達者・編集名人が繰り広げるオトナトークを、
ぜひともご堪能ください。


IMG_6536.JPG
収録後はせいこうさんと歓談タイム。
久しぶりに互いの近況話に花をさかせた。


-------------------------------------------
TBS「オトナの!」
前篇 6月1日(水)25:53~
後篇 6月8日(水)25:55~

「オトナの!」詳細情報はこちら
http://www.tbs.co.jp/otonano/

投稿者 staff : 00:13 | コメント (0)

2016年4月12日


「日曜美術館:カラヴァッジョ特集」にセイゴオが出演


 NHK Eテレで4月17日(日)に放送される「日曜美術館:カラヴァッジョ特集」にセイゴオが出演します。

 セイゴオはこれまで「竹内栖鳳」や「狩野芳崖」、「ターナー」など、日曜美術館の特集には何度も登場しています。今回撮影ロケが行われた場所は上野・国立西洋美術館。開催中の「カラヴァッジョ展」で世界初公開となった「法悦のマグダラのマリア」を前に、カラヴァッジョの卓抜した技能とその奥にひそむ陰影の思想についてナビゲートします。

 実はカラヴァッジョはセイゴオがこよなく愛する画家の一人。「千夜千冊」でもその思い入れを言葉一つひとつに滲ませながら紹介しています。

-------------------------------------------

光が暗部を突き刺すルミニスムの駆使と
日常にひそむ敬虔と逆上を描くフォトグラム。
こんな対比と融合をまるごと引き受けたのが、
稀代の魔術師絵師カラヴァッジョだった。
美術的には後期マニエリスムの爛熟に
物語的なバロック化をおこしてみせた先駆者だ。
社会的には暴力や殺人を平気で犯す自由狼藉者だ。
こんな男の清濁両極をあわせた劇的表現力を
さあ、どんなふうに語ればいいのか。
本書が日本における初めての
カラヴァッジョ学を提出してくれた。

◆千夜千冊 1497夜:宮下規久郎『カラヴァッジョ―聖性とヴィジョン』 (*冒頭抜粋*)
http://1000ya.isis.ne.jp/1497.html

-------------------------------------------

記事2.jpg


 カラヴァッジョの絵画から何を読み解き、何を語り継ぐべきなのか。
 セイゴオが新たなカラヴァッジョ像に迫りました。

-------------------------------------------

NHK「日曜美術館:カラヴァッジョ特集」
 4月17日(日)午前9時00分~9時45分
 4月24日(日)午後8時00分~8時45分【再放送】

「日曜美術館」詳しくはコチラ
 http://www4.nhk.or.jp/nichibi/

※上野・国立西洋美術館「日伊国交樹立150周年記念 カラヴァッジョ展」開催中(6/12まで)


投稿者 staff : 18:08 | コメント (0)

2015年12月18日


Publishing 『国家と「私」の行方』12月20日刊行



『18歳から考える―国家と「私」の行方―セイゴオ先生が語る歴史的現在』が12月20日に春秋社から刊行されます。世界と日本の近現代史を高速で案内する、青い表紙の「東巻」と赤い表紙の「西巻」の二冊組。旧著『世界と日本のまちがい』を下敷きにしながら、ほぼ全面的に加筆・修正をしたもの、ロングセラーを続けている『17歳のための世界と日本の見方』の新しい兄弟本となります。
 「国家」のなりたちと資本主義の勃興、戦争とグローバリズムのなかの日本、ブッシュ・プーチンの思惑から中東・IS情勢、矛盾に満ちた靖国・沖縄問題まで、複雑に絡み合った近現代の難問を解きほぐします。そこに通底しているのは、世界と日本と「私」の関係を高速思考によって問い直す、編集的歴史観。
 
 また相前後して12月26日には同じく春秋社から、イシス編集学校の方法と15年間の歴史を集大成した『共読する方法の学校―インタースコア』も刊行。松岡正剛とともに、相互編集の奥義を極めてきた580人の師範代の苦楽と熱気があふれる1冊です。

国家と私の行方_写真mini.jpg
『国家と「私」の行方』 装丁・本文設計は美柑和俊+MIKAN-DESIGN

インタースコアmini.jpg
『インタースコア』 チーフディレクター:吉村堅樹 チーフエディター:広本旅人
 

続きを読む

投稿者 staff : 18:05